カテゴリ:CD Album( 1 )

CD Album 情報




♪AIR-DO(北海道国際航空)機内オーディオテーマ曲
『ゆきかえり』をリアレンジしました「北の大地ヴァージョン」、
新曲『Why should I ? 〜旅立ちの空』の2曲が、
i-tunes にてジパングレーベルより配信限定リリースされました!
AIR-DO機内でも流れる予定です。

下記よりダウンロードして頂けますので、
どうぞ宜しくお願いを申し上げます。

i-tunes











♪CD『Come again 〜いま、君に逢いたい!』(2枚組)
ジョン・ダウランドをテーマにした2枚組の新譜アルバム、
通算4枚目の私のアルバムでございます。
2014年12月にジパングレーベルよりリリース。

柳家花緑(落語家)さんの朗読『ダウランド物語』も収録、
前作『シャコンヌ・オリエンターレ』に続き豪華メンバーの響宴です!

f0174816_14235889.jpg


f0174816_14241749.jpg


下記のサイトよりお求め頂けますので、
みなさま、どうぞ宜しく!お願いします。

ジパングレーベル

Amazon


こちらでダウンロードして頂けます。

i-tunes


【Takamoto Ichiro "Come Again" 12.24.2014】

After studying musicology at a specialist music university in Japan, Takamoto Ichiro headed to France to study the lute – a medieval stringed instrument – at the Conservatoire National de Region Strasbourg. Subsequently he performed at a number of music festivals in Europe and elsewhere, released several solo/collaborative albums and established himself as one of Japan's leading lutenists. His 2014 album 'Come Again' is dedicated to the popular Elizabethan lutenist and composer, John Dowland, in celebration of the 450th anniversary of his birth. For this project Takamoto performed new arrangements of Dowland's music. Takamoto states, 'The melodies of John Dowland sound fantastic even today. What I wanted to do on this album was to revive his music – giving it my own interpretation, imbuing it with contemporary elements and playing it with a group of my fellow musicians in order to bring it to today's audience.' Fictional dialogues between Dowland and another famous Elizabethan, William Shakespeare, inserted amongst the tracks make this album incomparably unique.


【メディア掲載】

雑誌CDジャーナル 2015年2月号
リュートって音が小さくて古臭くって…と思っている人はビックリ。オンマイクで録った音をミキシングでバランスをとり、鮮度の高い音色に仕上げている。ダウランドの名曲をサックスやリコーダー、ヴァイオリン、アコーディオン、ヴォーカルなど多彩な音色と合わせた編曲も面白い。柳家花緑の語りも入っている。

現代ギター 2015年2月号
リュート奏者の高本一郎によるダウランド作品集、とも言えるのだが、なかなかこのアルバムの実態を説明するのは難しい。すべて高本による自由な編曲が施され、Disk1はリュートとサクソフォーン四重奏および歌、Disk2はヴァイオリン、コルネット、リコーダー、アコーディオンにウッドベース、さらに落語家・柳家花緑の語りという不思議な編成。いったい“リュートとサックスのアンサンブル”の音色をだれが想像できるだろうか。しかしここに聴く演奏は充分な説得力を持ち、いつも憂鬱そうなダウランドもここでは陽気な表情も見せ、時にはダンスのひとつも躍りそうだ。花緑の語りによる「ラクリメ物語」ではダウランドと酒を酌み交わすシェイクスピアも登場、自由な編曲によりあちらこちらに聴き覚えのある有名メロディーが顔を出し、それを探すのも楽しい、しかし単に奇を衒っただけではない。あくまで原曲に忠実でありながら作品を過去形にしない、今日的な再創造であり、その背後にはダウランドへの強い敬意が感じられる。高本のオリジナル曲である〈悲しみよとどまれ〉には特にその思いが深く刻まれ感動的。これはダウランドへの敬意にあふれたトリビュートなのである。







♪高本一郎ソロ・ミニアルバム『小さな妖精と大きな妖精』(全5曲)


f0174816_118352.jpg

  (写真&デザイン:Atsuo Hashimoto)


2012年4月にコウベレックスよりリリースされました。
i-tunes 他で配信中です!!

下記のサイトよりダウンロードが出来ますので、
みなさま、ぜひとも宜しくお願いを申し上げます!


e-onkyo HP : e-onkyo

i-tunes HP : i-tunes


f0174816_1018410.jpg








♪CD『シャコンヌ・オリエンターレ』(全13曲)
2012年7月に「ジパングレーベル」よりリリースされました!


下記のサイトにてお買い求め頂けます!!
みなさまどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ジパングレーベル

amazon HP


f0174816_22262179.jpg


f0174816_22383653.jpg



  高本一郎(作曲&編曲/アーチリュート、中世リュート&バロックギター)

  ゲスト:太田恵資(ビオロン) 
      常味裕司(ウード)
      濱田芳通(リコーダー&コルネット)
      中村健吾(ベース) 
      続木力(ハーモニカ)
      深川和美(ソプラノ)


  エグゼクティブプロデューサー:横田義彰(ジパングレーベル)

  プロデュース:大木雄高(ビグトリィ)

  録音エンジニア:渡辺一慶(現音舎)

  マスタリング:Kotetsu(ビクター)


  贅沢なゲストの方々の音とともに、
  本当に贅沢な音に仕上がりました!



北海道国際航空(Air Do)の機内オーディオ5chで、
このアルバムの中から『ゆきかえり』がテーマ曲として流れています。

f0174816_1533111.jpg




全日空(ANA)国際線の機内オーディオにて、
『シャコンヌ・オリエンターレ』全曲が流れています(2013年1月末まで)。

f0174816_1534637.jpg




★『シャコンヌ・オリエンターレ』メディア掲載レビュー


高本の紡ぐ音色や音楽は、彼の人柄を映し出すかのように、穏やかで優しい。
その一方、深い精神性も湛えている。
中世やバロックのリュートとギターを時代の呪縛から解き放ち、
“現代の庭”に遊ばせる11のオリジナル作品。それは遥か異国の地だったかと思えば、
ほんの身近な懐かしい場所へも翼を向ける。
そこに添えられた2つの編曲作品もうまく作用し、過去にも巧みにリンク。
寛いだ雰囲気の一方で、広大な時空を旅した気分にもさせる、摩訶不思議な一枚だ。
ベースの中村やリコーダー&コルネットの濱田ら名手揃いのサポート陣が、
さりげなくも滋味ある好演を聴かせている。(寺西 肇)
--月刊クラシック音楽情報誌 『ぶらあぼ』 9月号 新譜ぴっくあっぷ


『シャコンヌ・オリエンターレ』と題されたリュート奏者・高本一郎のアルバム。
高本は5歳の時からギターを始め注目を集めたが、
リュートの響きと音色の美しさに魅了され転向。
フランス国立ストラスブール音楽院で本格的にリュートを学び、
今村泰典、ホプキンソン・スミス他に師事。
リュートを基盤として様々なジャンルの音楽とのコラボレーションなど、
キャリアを磨いてきた。同アルバムは、高揚のリュート奏者の視点に立って、
『オリエンタルな響きを求め、和の空気、間のニュアンス』を見つめた
自らの音楽を展開している。リュートを中心に備え、
曲の内容により、ソプラノ、ハーモニカ、ウード、リコーダー、ヴァイオリン、
ベースといった個性的な演奏家と共演しているが、
そのコンビネーションは特筆すべきものがある。初めて耳にする楽曲ではあるが、
哀愁を帯びたメロディーに美しい響きが組み込まれて、懐かしさを覚え、癒される。
イタリア/フランスの古曲を学んだ高本の音楽は、
聴き手の心にそっと語りかけるような『消え入る間の美しさ』がある。
それはリュート音楽の新たな発見でもある。
--『現代ギター』9月号 新譜案内


ギターとも民族楽器とも異質なリュートの響きを、
遥か古の楽の音としてではなく今の快感、
気持ちよさにつながるソノリティとして感じ、
身体を預けてみようという清新な試み。
高本自作になる各曲は、音をインティメイトに引き寄せながら
感情に近づけすぎぬ旅先での五感のごとき冴えた軽みがある。
--『CDジャーナル』9月号







♪高本一郎1stソロアルバム『le luth 天使のアリア、風の舞曲』

f0174816_1254419.jpg

2001年にリリースされました、
ルネサンスリュートの魅力をお届けするアルバムです。
  【ジャケットデザイン:えとうまさゆき氏】


■下記のネットショップにてお買いお求め頂けます。


HMV http://www.hmv.co.jp/product/detail/29473

タワーレコード http://tower.jp/item/975138/







******************************************************
〜CD「リュート」お詫びと交換について〜

2006年7月以降に販売されたCDの中に、
トラック2と21に同じ楽曲が入っている商品があり、
ご購入されたお客様に大変ご迷惑をおかけしております。
交換品CDをお送りしますので、
下記まで交換CDの送り先をご連絡ください。
早急に対処させて頂きます。

また大変お手数ですが、
届き次第に同封の返送用封筒(送料当社負担)で,
お手元のCDをご返送くださいますようお願いを申し上げます。

ここに商品不良のお詫び申し上げます。(記)コウベレックス


高本一郎「リュート・天使のアリア・風の舞曲」
KRS440 定価2,500円 コウベレックス


FAXでの連絡先:078-992-0813
メールでの連絡先:luth@koberecs.com

お問い合せは TEL 078-992-0229 コウベレックスまで、
何卒宜しくお願いを申し上げます。



 お買い求め頂きましたお客さまには、
 大変ご迷惑をお掛け致しております。
 深くお詫びを申し上げます。

 高本一郎

*******************************************************

【 曲 目 】

Ⅰ 1 聖母マリアのための頌歌 13c・アルフォンソ賢王❖

Ⅱ  2 イタリアーナ
  3 シチリアーナ
  4 白い花 ( C.ネグリ )
  5 侯爵夫人のガリアルダとコレンダ ( S.ガルシ )
  6 ヴェネツィア風のパヴァーナとサルタレッロ ( J.A.ダルツァ )
  7 かわいいヴリアン ( G.E.ダ・ペザーロ )

Ⅲ 8 わが愛しのエルスライン ( H.ノイジードラー )

Ⅳ 9 アントレ ( R.バラール )
  10 美しさ乙女
  11 パッサメッツォとガイアール・ロマネスク ( A.ル・ロワ )
  12 花咲く季節に ( P.アテニャン )
  13 サルタレッロ ( P.アテニャン )
  14 エス・マルス ( P.ゲドロン )
  15 村人の踊り ( R.バラール )

Ⅴ  16 ケンプ氏のジグ
  17 グリーンスリーヴス
  18 ワトキン氏のエール
  19 リリーブレロ

Ⅵ 20 カロランの歓待 ( カロラン )❖
  21 大きな妖精と小さな妖精(カロラン)❖
  22 蝶々❖

Ⅶ 23 ガルテンマザーの子守歌❖


❖印 高本一郎編曲



■録音 2001年7月31日~8月3日
    ギャラリーKURANUKI

■製作 コウベレックス KRS440
[PR]
by ichiroluth | 2012-05-07 12:06 | CD Album | Comments(0)